娘のこれまで(登校しぶりが始まる)

行方不明事件の後、担任の先生から娘のことで電話がかかってくることが増えました。

娘は学校で消しゴムをよく失くすので、お友達から借りることが多くあったようですが、返すのを忘れてしまったり、配られたプリントを持ち帰らなかったりするので、先生が娘のお道具箱を出して確認すると、借りた消しゴムや配ったプリントなどが乱雑に突っ込まれていたということがしばしばありました。ほかにも、授業中ボーっとしていて、移動教室に遅れる・・・など、週に1~2回は先生から電話で連絡があったように思います。

家でも片付けが出来なかったり、持ち物を頻繁に失くしたりすることが多かったので、「もしかして、これが噂のADHDというものでは・・・?」と私もだんだんと娘の特徴が気になるようになって、病院を受診することを考え始めました。そしてちょうどその頃に2回目のPTAがあったので、担任に「もしかすると娘にはADHDがあるかも知れないので、近々、発達を診てくれる病院を探して診察を受けてみようと思っています。」と伝えました。
すると、先生は
「親御さんの方からそう言ってもらえると助かります。こちらからは“発達障害がありそうなので受診してください”とは中々言えませんので。もうどちらの病院にかかるか決められていますか?学校から紹介することもできますけどいかがでしょう?」
と待ってましたと言わんばかりに受診を勧めて来ました。

担任から娘が発達障害児と思われていたことに、少なからずショックを受けたものの、娘が早く受診できるなら、学校から紹介をしてもらった方が良いかなと思って、紹介をお願いすることにしました。すぐに学校の心理士の先生が病院へ連絡を入れてくださいましたが、それでも予約が取れたのは2か月先の日にち。それでも、ひとまず、病院の予約も取れたことだし・・と私はほっとしていました。(学校を経由しても2か月待ちですから、私が自分で予約を入れようと思ったら半年近く待つことになっていたかもしれません。)

しかし、それからすぐに娘は学校に行くのを嫌がるようになりました。
娘はいじめを受けるようになっていたのです。

いじめのきっかけはほんの些細なことでした。大勢の友達を作りたがっていた娘は、入学してすぐに上級生の子とも仲良くなり、家に連れて来て遊ぶようになりました。ある日、娘が連れてきたお友達の中に2年生の子がいたのですが、ちょうど学校でかけ算九九を習っていたんでしょうか、2年生の子を中心にして九九当てゲームが始まりました。
そんな子ども達の様子をそっと伺っていたら、なんと、娘もゲームに参加し始めたんです。かけ算を習い始めたばかりの2年生に対して、娘は「あっ!それ私わかるよ!おぼえてるもん!」と娘は九九を唱え始めました。まだ学校ではたし算しか習っていないはずの娘がかけ算が出来ることを知って、私も内心「えっ?!」と驚きました。でも、その時私は、娘がなぜかけ算九九を知っているのかを気にする余裕はありませんでした。周りの子たちの顔色がサーッと変わっていくのを見てしまったのです。

そんな空気を察していない娘は、自分のおもちゃを引っ張り出し、「これを使ったらすぐ覚えられるよ!」と言いながら2年生の子に見せ始めました。
(初節句の時に親戚からいただいた知育おもちゃなのですが、娘は勝手に開封して遊んでいたみたいです。)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

学研 デジタル九九 早覚え 83081(代引き不可)【S1】
価格:2104円(税込、送料別) (2016/9/7時点)

使い方を懇切丁寧に説明する娘を、上級生の子達は明らかに面白くなさそうな表情で見ています。娘は純粋に親切心でやっていることなんでしょうけど、上級生からすれば、恥をかかされた感じになるわけですから、腹が立つのは当然です。

結局、この出来事を境に娘は上級生からいじめられるようになり、7月頃から「学校に行きたくない」と言い出しました。
しかし、この時の登校しぶりの原因は、子どもからのいじめだけではありませんでした。
「学校に行きたくない」理由の核心は担任の先生の態度にあったのです。

友達から借りたものを返すことを忘れてしまうことや、先生に怒られるのが怖くて咄嗟に出まかせを言ってしまう娘は、先生から「嘘をつく子」と問題視されていたようです。友達とトラブルがあって、先生に相談しても、「いつも嘘をつくから」という前置きがされてしまい、娘が一方的に悪く言われることがほとんどでした。



にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree